スペンス乳腺ってなに?胸のGスポットとは?【初心者必読】

こんにちは、いとぅ(@itousan_dayo)です。

都内で性感マッサージ師として働いてます。

メインは男性向けに「前立腺マッサージ」をしてまして、Youtubeでのチャンネル総合再生数は4万回を超えました、ありがとうございます…!

本日はとある部位について記事を書かせていただこうと思いました。

最近タイムラインでよく見る性感帯ワードがあります。

#スペンス乳腺って気持ちぃ。

このスペンス乳腺について「スペンス乳腺ってどこなの?」「本当に気持ち良くなれるの?」という疑問について書いていきたいのでどうぞお付き合いください。

スペンス乳腺・スペンス乳腺尾部って何なの?

・バスト版のGスポットと呼ばれていてすごく気持ちいい

・場所はバストのサイドと脇の境目のライン

ブログ、Twitter、Youtubeでもほぼ同じような内容で発信している方々がいらっしゃいました。

人によっては「スペンス乳腺」もしくは「スペンス乳腺尾部」と言いますがほぼ同じ意味で使われています。

実はスペンス乳腺とはAVが作った場所だった

実は「スペンス乳腺」という場所は存在しません。

正しくいうと世間で言われているバストサイドと脇の境のライン上にはありません。

試しに「スペンス乳腺」でググってみてください。エロ系のサイトばかり出てきて医療系のサイトが全く出てきません。

それはどうしてなのか?実はAVが発端の偽りの場所だからなんです。あえてここにリンクも画像も出しませんが、胸だけでオーガズムをする、潮を吹く、逝きまくるという内容のシリーズもののAVが数年前にではじめました。

そこで使われたのが「スペンス乳腺」だったんです。

AVのファンタジーがひとり歩きして広まりに広まって「性感帯」扱いになってしまったという理由です。

ただ、実は「スペンス乳腺」という名前の元になった場所は存在します。

この胸から脇にかけて尻尾のように伸びている場所が英語で「tail of Spence」「axillary tail」「axillary tail of Spence」と呼ばれています。

日本語だと「腋窩突起」「腋窩末尾」「外側突起」と訳されており、検索すると該当のものが出てきますがどれも乳がんに関する記事や論文で性感帯としての記事は一切でてきません。

Tail of spenceは脇まで伸びている乳房組織の延長であり、発見者であるスコットランドの外科医ジェームス・スペンスにちなんで名付けられました。

Wikipediaより

乳房組織から尻尾のように脇へと伸びているので「tail(尾部)」と名付けられたんですね。

乳房は、出産時に乳汁を分泌する大切な役割をもつ皮膚の付属器官です。その中には「乳腺」と呼ばれる腺組織と脂肪組織、血管、神経などが存在しています。

乳房のしくみとがんの発生 | 乳がんの情報サイト「乳がん.jp」
このイチジク浣腸の集団みたいなのが乳腺

つまりは日本での「スペンス乳腺」は本来の場所とは全く関係のない場所が認知されしまっているというビックリ案件なのでした。

質問:じゃあスペンス乳腺で感じてる人たちは何なの?

中には「私はAV的スペンス乳腺が好き!感じる!」という方もいらっしゃいます。そこを感じられる方々は「あくなき性への探求者のみなさま」なんです。

「元々敏感体質でそこの場所も感じやすかった」「何度も何度も開発にいそしみ感じられるようになった…」などなど様々な努力と探究を積み重ねられたのです…。

こちらの方はフォロワーさんですが、本来の「tail of spence」の場所をお伝えしたら↓
https://twitter.com/rZfYdFccSz4VhLy/status/1256791188905967617?s=20
とても満足いただけたようでした❤️

どうして個人差があるのか?という疑問にたいしては、「性感帯」のお話をさせていただきたいと思います。

性感帯とは…

性的興奮を引き起こす知覚刺激を受容する皮膚または粘膜で覆われたすべての身体の部分を指し,さらに,それを構成する口唇帯,肛門 (こうもん) 帯,泌尿-生殖器帯,乳頭部などの個々の部分をも指す。しかし,身体のあらゆる部分は性的興奮の源泉となりうる以上,身体全体が一つの性感帯だとも考えられる。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

定義上としての性感帯はあるけれど、個人の感度によっては他の場所でも性感帯になり得るということなんですね。

体験談:背中を撫でるだけで感じる男性、竿じゃないと感じない男性

私は普段は男性向けの性感の仕事をしていますが(女性の性感マッサージも別にしてます)、男性も女性も性感のフィルターが凄く薄い方と厚い方がいらっしゃいます。

男性は隣に座って背中を撫でるだけでビクビクしてしまう方もいれば、竿を触りはじめないとまっったく無反応な方もいるという幅の広さにいつも驚かされています。

この違いについては一概に性的行為を重ねた経験だけではなく、その人が元々敏感体質だったり、性格的に他者からの影響を受けやすい、人に触られるのが好き…と色んな要素があります。

なので、AV的スペンス乳腺を開発したい方も努力すれば感じられるようになれる可能性はあると思います。ただ、そこに固執して「いくらやっても感じないなぁ。Twitterの〇〇さんはあんなに気持ちいいって言ってたのになぁ」と疲れるくらいなら自分が開発に前向きに楽しく取り組めるような場所を探していくのも一つの楽しみ方だと思います。

Tail of Spenceを性感として紹介している日本語書籍の紹介

AV的スペンス乳腺について調べている中で、実際に私が確認できただけでもTail of Spenceの部分を性感帯として紹介している書籍がいくつかありました。

言わずと知れたAV男優しみけんさんの書籍の中で、

おっぱいは柔らかいので、ついつい「ムギュ〜ッ」としたくなりますが、早る気持ちを抑えて、初めは優しく、乳房の周縁部から責めていきましょう。乳房の外側には「スペンス乳腺尾部」があり、医学的に乳首の次に敏感な場所であることがわかっています。この部分から優しく揉んでいくといいでしょう。

光り輝くクズでありたい

「乳房の外側」と文字だけで書かれると本来の場所なのかサイドのことを言っているのかわからないのと、医学的に分かってる?ほんと?というところはありますが、しみけんさんが実体験として性感帯になり得るという記述がありました。

そしてこちらは臨床医として働かれてる現役のお医者様が書かれている本です。

乳房の上の4半分を上外と呼びます。(中略)乳房の生命線ともいえる重要な部分は、上外と呼ばれている部分です。この上の外のふちの部分を、スペンスの乳腺尾部と言います。

男を強くする! 食事革命

おっぱいを四分割して、その上の外側の部分を「スペンス乳腺尾部」といいますとおっしゃられてます。ただ、Tail of Spenceを日本語訳にしたものがスペンス乳腺尾部だという医学的に記載があるものが見当たらなかった為、名称としての誤りはあるかと思います。

どこか感じるかの正解はあなたしか知らない

というわけで今回はAV的スペンス乳腺について記事を書かせていただきましたが、性感においてとても大切にして欲しいなと思うことがあります。

それは「楽しむこと」「自分の感覚や感情に問いかけ続けること」です。

私が性感の仕事をしていて「自分の身体のことなのに知らないことってある」というビックリ体験と、それを知っていくことの楽しさをお客様に感じてもらえることの嬉しさが日々にあります。

もちろんきっかけは「セックスレス」「パートナーがいないから」「興味があって」など様々ですが、結果として自分の知らない感覚や体験ができるということは楽しいことですし、それが性的なことであれば気持ち良さや、好きな人であれば「嬉しさ」「喜び」も感じられてそれはとても素敵なことだと思っています。

その中で「有名なあの人が気持ちいいって言ってたからやってみたけどうまくいかない。自分は不感症なんじゃないか、何か間違ってるんじゃないか。」と考えてしまう人も沢山いらっしゃるのが性感の世界です。

もちろん、頑張って頑張って同じように気持ち良くなれることはあるかもしれません。でももしかしたらなれないかもしれません。

けど、大事なのは「ゴール」を目指して頑張ることではなく、「いま自分が感じている感覚を感じ、楽しむ」ことの積み重ねに「凄く気持ちいい」という結果があると私は現場で感じています。

最後は精神論みたいなお話になってしまいましたが、あまり頑張りすぎずに楽しむ気持ちで素敵な性生活をお過ごしください。ではまた。

ABOUT US

いとぅ
性感マッサージ師
4000人以上の男性の身体に触れてきて心との関係性の深さに気がつく。東京に男性向けの性感店を立ち上げ店長と施術者を兼任し、Youtubeの総合再生数は5万回を超える。 瞑想・禅・ヨーガ・タントラ・タイ古式マッサージ・脳科学・マインドフルネスなど様々な技術と知識を日々学び現場へといかしている。